FPの年収ってどのくらい?


>> 最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FPの年収ってどのくらい?

FP(ファイナンシャルプランナー)は、一定以上の収入が見込める仕事なのにもかかわらず、資格取得が比較的簡単だというのが大きな特徴です。

ファイナンシャルプランナーは収入が見込める職業

独立開業は年収1000万円のケースも

FPとして働くなら、独立開業する道も、資格を活かしてどこかの会社に就職する道もあります。FPで独立開業する場合、弁護士や税理士のように「○○FP事務所」の看板を掲げる、というわけではありません。いずれかの業界で、FPの知識が求められている分野で事業を行います。FPとして独立開業するなら、保険の代理店や不動産購入のアドバイザーになるのがスタンダードな道です。独立開業すると、稼いでいる人で年収1000万円というケースも、少なくありません。ただそこまで行くにはそれなりの努力が必要で、実際にはFPだけで生計を立てられない人もいます。会社員時代と違い、独立開業すると、自分で仕事を探さないといけません。しっかり営業できれば、それだけ収入も上がるけれども、全く顧客を見つけられないときは収入ゼロということもありえます。600万円程度を稼げるようになるには、少なくとも独立してから数年後になると考えておきましょう。



企業内FPなら年収700万円も可能

会社員として働くなら、金融機関や住宅関連企業に就職する場合が多いです。最近の求人では、300~400万円で募集がかけられていますから、他の求人よりは少し高いかなという感じです。中には「マネージャークラスになれば、年収700万円も可能」という求人を出している有名保険会社もあります。こう考えると、既に会社員として700万円以上稼いでいる人は、あえて現在の会社を辞めてFPとして転職する必要はないかもしれません。

銀行では入社すると、社員はみんなFPの資格を取ります。だからたとえFPを持って入社したとしても、特別珍しがられることはありません。むしろ持って当たり前、資格を持っていて初めて銀行員の仲間入りができるというイメージです。FPの資格を生かして、銀行の窓口で資産運用の相談に乗ったり、金融商品を売ったりします。FPの資格を活かして住宅関連企業に就職する場合は、営業としてローンについての相談に乗って、家を売ります。家はファイナンシャルプランで最も重要となる要素ですから、FPの活躍度は高いのです。お客さんの相談に乗って、商品をおすすめするためには、知識のある人でないとできませんから、FPを持っていると重宝されるし、有利な条件で就職しやすくなります。



FP2級は取得が比較的簡単

FPは独立開業してたくさん稼ぐことも可能だし、有利な条件で企業に就職することもできます。転職して今の年収を上げたい人には魅力的です。しかも、FPの資格取得は、比較的簡単だ、というのも大きな魅力です。FPとして業務を行うための水準を満たすとみなされる「FP2級」の2014年1月26日実施試験の合格率は学科試験が15.97%で、実技試験が約30%(実技科目3種類の平均)です。行政書士や社労士の平均合格率が7%であることと比べると倍以上です。試験勉強にかかる時間も短めです。年収アップにつながる資格をなにかひとつ手に入れたい、と考えるのなら、入門的におすすめできる資格と言えるでしょう。



NEXT>> FP3級の難易度

資格を取るなら!FP講座ランキング

【No.1】フォーサイト詳細はこちら

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

【No.2】四谷学院 ⇒詳細はこちら

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

【No.3】クレアール ⇒詳細はこちら

受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。