FPの就職先


>> 最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FPの就職先

お金に関する相談を受けるのが仕事

FP(ファイナンシャルプランナー)の就職先は、金融関係が主となります。お金に関するスペシャリストであるためです。就職先は銀行、保険会社や不動産関連が多くなります。信用金庫や信用組合、郵政公社に就職することも可能です。また、一般企業でも経理や総務職で求められているスキルです。

FPとして就職したら、これらの企業で資産運用や生活設計などのプランニングを行う、スペシャリストとして業務を行います。たとえば住宅購入を検討しているのなら、「賢いローンの組み方」「自分に合った保険商品選び」などの提案をします。お金にかかわる、さまざまな事柄について相談を受けます。

就職してFPとして働く

業種によって業務内容が異なってくる

「お金」という基軸をもとに、いろいろな業種で仕事をします。従って、就職先によってその業務内容も異なって行きます。たとえば不動産関連会社に就職したのなら、住宅ローンの見直しなどライフプランニング、不動産の有効活用について提案します。金融関係なら、預金運用のアドバイスをします。保険会社なら生命保険や損害保険の加入や見直しを行います。そのほか、国民年金や厚生年金に関する年金関連の相談を受けたり、相続税や事業継承対策を行ったりするのもFPの仕事となります。


資格取得だけではなく即戦力も重視される

このように、幅広い活躍の場があるFPですが、資格を持っているからといって即、就職が決まるというわけではないというのも注意しておかねばならない点です。FPは独占業務資格ではありませんから、言ってしまえばFPの資格がなくても同じ業務を行うことは可能です。「お金についての専門知識がある」という客観的な証明にはなりますが、就職の際に求人を出す企業がより重要視するのは実務経験、即戦力です。ですから資格取得はあくまで第一目標と捉え、その先に実務経験を積んでいく必要があります。


NEXT>> FPと独立開業



資格を取るなら!FP講座ランキング

【No.1】フォーサイト詳細はこちら

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

【No.2】四谷学院 ⇒詳細はこちら

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

【No.3】クレアール ⇒詳細はこちら

受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。