FPの年収を上げる方法


>> 最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FPの年収を上げる方法

FPになると年収は増える
FP取得により収入アップに直結させる一番手っ取り早い方法は、「資格手当」狙いです。すでに金融系などで就職している場合は、FPの資格をとると、資格手当が支給されることがあります。そのような制度を利用すれば、FPをとって転職したり、退社して独立開業したりしなくても、今の状態を保持したまま、なんのリスクも負わずに収入アップできます。もちろん月給にして何十万円も上乗せされるわけではなく、せいぜい数万円上がる程度かもしれません。しかし生涯年収で考えると、あるのとないのとでは額に大きな違いが出てきます。FP取得を機に、より重要度の高い業務を任せてもらえるようになれば、それにより年収も上がっていくでしょう。FP取得による間接的な収入アップとなります。

FPは独占業務資格ではないので、資格を持っているからそれだけで即、就職につなげられる、ということにはならないかもしれません。しかし求人に応募した人が2人いて、ひとりがなにも資格を持っておらず、もうひとりがFPを持っていれば、より採用されやすいのは後者のほうです。今の年収より高い額を転職先が提示しているのなら、資格を武器に応募してみるのも良いでしょう。

資格をアピールポイントとして転職先を探すときは、当然のことながら、その資格が求められている業種に絞らなければいけません。たとえば建築関係やIT関係のように、まったく関係のない業種の求人に応募してアピールしても、採用者には響きません。FPがアピール要素となるのは、銀行や証券会社、不動産関連業界などです。銀行や証券会社なら、窓口で資産運用の相談ができる人を求めています。また住宅関連なら、ローンについての相談に乗って、家を売ることができる人を求めています。専門的知識を持たない一般消費者にはない情報、考え方を提供するスキルが求められています。だから資格を持っていると言うと採用者に響きます。ただし建築やITでも、総務部や経理部の求人なら、お金を扱う仕事ですからFPが魅力と映る可能性はあります。

企業でFPとして働く場合、所属は営業で、しかも歩合制になることが多いです。大手保険会社のマネージャーなら、年収700万円も可能でしょう。しかし歩合制ですから、その水準に行くまでには、かなりの契約をとらなければいけません。いずれにしても企業内FPとして働くなら、年収は最大で800万円というところです。


>>NEXT 保険代理店になれば年収アップ



資格を取るなら!FP講座ランキング

【No.1】フォーサイト詳細はこちら

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

【No.2】四谷学院 ⇒詳細はこちら

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

【No.3】クレアール ⇒詳細はこちら

受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。