FP1級に合格して年収を上げる


>> 最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FP1級に合格して年収を上げる

FP2級は業務を行える水準に達した証明

FP(ファイナンシャルプランナー)として活動するのに、資格が絶対に必要というわけではありません。税理士や行政書士のように、資格保有者だけが業務を行うことができる、「独占業務資格」ではないためです。しかしスペシャリストとしてライフプランニングを提案したり、金融商品について説明したりするときに、なにも資格がない人から聞きたいとは普通、思わないものです。レクチャーを受けるのはその人に対して「信頼」があるからこそです。その信頼の証となるのがFPの資格です。従ってFPとして働こうとするのなら、まずFPの資格を取得するのが妥当な順序でしょう。FPとして働き始めるときに多くの人が取得を目指すのが「FP技能士2級」(以下「FP2級」)です。一般社団法人金融財政事情研究会が運営する国家資格で、1級、2級、3級があります。学科と実技の2種類があり、両方に合格すると資格取得できます。3級が一番取得しやすく合格率も高いですが、入門的な位置づけなので、取得しても業務には役立ちません。FPとして業務が行える水準とみなされるのが2級以上なので、通常は2級を目指す人がほとんどです。


FP1級は必要か

差別化を考えるなら最上位資格であるFP1級を

FPとして業務を行うためには、FP2級の資格があれば業務に差し支えることはありませんが、差別化を考えのなら、ぜひ最上位資格であるFP1級を目指したいところです。FP2級は、FPなら誰でも持っていて当たり前の資格とみられます。たくさんいる競合するFPたちから一歩抜きんでて、より多くの顧客を獲得するためには「この人のほうが信頼できそう」と思われるための差別化が必要です。そのようなときに最上位資格を持っていると強いのです。

独立開業するときは、顧客を多く獲得することが年収アップに直結します。生命保険会社や不動産関連で働く企業内FPの場合も歩合制であることがほとんどですから、より多くの顧客の信頼を得られるように、他の人にはない「強み」を持っておきたいです。



NEXT>> 収入から比べたFPと簿記



資格を取るなら!FP講座ランキング

【No.1】フォーサイト詳細はこちら

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

【No.2】四谷学院 ⇒詳細はこちら

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

【No.3】クレアール ⇒詳細はこちら

受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。