FP2級の勉強時間をうまく調整しよう


>> 最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FP2級の勉強時間をうまく調整しよう

発想の転換でFP2級の勉強時間を確保


FPの勉強を始めたときは、夜、子供を寝かしつけてから勉強していました。
でも、そうすると勉強を始めるのが夜10時以降になってしまい、眠くて勉強に身がはいりませんでした。

そこで発想の逆転をしました。
朝に勉強時間を切り替えて、5時~6時半の1時間半、勉強しました。
食事の支度をする前にFPの勉強をするようにしたら、上手く進められるようになりました。

仕事の休みは水曜日と土曜日です。
でも、土曜日は子供がいるので勉強どころではありません。
水曜日だけ図書館に行って勉強しました。
まとまった時間がとれるのは朝の1時間半と、水曜日の1日だけ。

それ以外は、仕事の合間にスキマ時間を使って、単語カードや確認テストをしたり、通勤中に講義CD(講義DVDをCDに吹き込んだもの)を聞いていました。


仕事中のスキマ時間も確認テストや単語カードでFPの勉強


住宅展示場に勤めているので、どうしてもお客さまの都合優先となり、仕事中は休みの時間があまりとれません。
だから逆に、少しでも時間が空いたときには5分でも10分でも、確認テストや単語カードで勉強するようにしていました。
7889a9e3d2323c12aba480889bc51e06_s

過去問を解くときは分かる問題を飛ばして時間短縮


まとまった時間がとりにくかった関係で、過去問を解く時間を確保しづらかったです。

そこで、全部解くのはあきらめて、「つまみ食い」で解くようにしました。
以前解いたことがある問題で、理解できたと思えるパターン問題の類似問題が過去問で出たときは、飛ばして進み、時間短縮させました。

その代り、直前対策と模試、再現問題で総復習するときは、しっかり勉強しました。



NEXT>> TOPページ「FPってどのくらい稼げる職業?」



資格を取るなら!FP講座ランキング

【No.1】フォーサイト詳細はこちら

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

【No.2】四谷学院 ⇒詳細はこちら

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

【No.3】クレアール ⇒詳細はこちら

受講料は高額になりますが、豊富な教材と十分な学習時間の確保で確実に学習していくカリキュラムで合格点クリアを目指します。