差別化を諮る

FP(ファイナンシャルプランナー)に加えてもうひとつ資格を取得する「ダブルライセンス」により、年収を上げることができます。

FPはお金のスペシャリストとしてさまざまな職種での活躍が可能な資格ですが、難易度はそれほど高くありません。だから難易度の高い資格をさらに取得することでより高い信頼性を得られます。より重要度が高く、希少性の高い仕事を受注しやすくなります。もちろんそうした仕事のほうが高単価になるので、FP一本でやっていたときよりも収入は上がります。

ダブルライセンスとしては「FP+社労士」「FP+宅建」「FP+税理士」「FP+中小企業診断士」などが好ましい組み合わせです。FPというのは、どのような分野にもなんらかの関わりがあるため、他の資格との相乗効果を出しやすいです。特に独立開業するときには、競合他社との差別化が重要ですから、ダブルライセンスがあると効果的です。

ダブルライセンスによる業務拡大には、たとえばこういったパターンが考えられます。

FP+社労士

社労士の資格取得により、年金に関する正確な知識や今後の動向予測ができるようになる。これを活用し、FPとして相談を受けるとき、老後のライフプランとして重要な年金相談を強みにできる。特に中高年の顧客を呼び寄せやすくなる。

FP+宅建

宅建の資格取得により、宅建業者への報酬額や不動産利用の制限について知識が得られる。これを活用し、FPとして相談を受けるとき、住宅取得に関して専門性の高いコンサルティングを提供できる。特に住宅購入を考えている顧客を呼び寄せやすくなる。

FP+税理士

税理士の資格取得により、FPのコンサル対象である税金対策や各種の節税対策の提案だけではなく、そのための具体的な業務も行えるようになる。ライフプランの全てにおいて重要となる税金に関するサポートを、提案から処理までワンストップで提供できるため、大きく差別化できる。節税対策したい富裕層、「FPに相談してから税理士のところに相談に行き直すのが面倒」という顧客を呼び寄せやすくなる。

FP+中小企業診断士

中小企業診断士の資格取得により、組織論や経営法務についての知識が得られる。FPとして事業継承のコンサルを行うとき、経営を行う際の財務、会計分野について適切なアドバイスができるようになる。FPの業務、知識と中小企業診断士の業務は密接につながっているため、相談をうけられる幅が広がり、信頼性も向上する。中小企業経営者の顧客を呼び寄せやすくなる。