金融・不動産で活躍

FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事内容は、金融に関する専門知識を生かした、お客さまのライフプランニングです。保険会社や銀行、証券会社などで、お客さまのお話を聞いて、金融商品を提案したりする社員がいますが、これがFPの仕事となります。住宅メーカー、不動産などにもFPは多いです。最近では、特定の企業に勤めない、独立系のFPも増えてきています。

住宅購入のプランニングの例

FPのお仕事は以下のような流れで進みます。たとえばお客さまが住宅メーカーにライフプランニングの相談に来られた場合。住宅購入はライフプランニングで重要な要素なので、専門知識が有益な情報となります。

お客さまは住宅の購入を検討しています。このような場合、さまざまな要素を考えあわせたライフプランニングを提案していきます。毎月の収入や支出を考えて、毎月払うローンはいくらくらいが妥当であるかを考えます。またライフプランニングでは、住宅についてだけ考えるのでは足りなくて、保険や将来の養育費、税金の支払いについても考慮していきます。

適切なプランニングが顧客のためになる

一見すると、これはなにも専門家にアドバイスを受けずとも、自分で考えられそうな気がします。しかしライフプランニングでは、保険や税金の複雑な仕組みを知り、社会情勢に合わせて考えてこそ、最適な計画が立てられるものです。

そのためにはやはり、専門的な知識が不可欠なのです。何の知識もない人が安易に計画を立ててしまうと、破たんしてしまったり、トラブルに巻き込まれてしまったりするおそれがあります。住宅ローンを組んだが払えずに、泣く泣く手放してしまうというケースは、往々にして専門知識のない、素人考えのプランニングが原因のことが多いのです。

FPにより専門知識のアドバイスを受ければ、お客さまは自分の資産を守ることができて、将来的に増やすことも可能となるでしょう。だからFPはやりがいがあるし、お客さまに喜ばれる仕事です。住宅ローンの相談のほかに、教育ローンやセカンドライフのご提案、金融商品をおすすめしたりするのもFPの仕事です。