独立開業の年収額はさまざま

FP(ファイナンシャルプランナー)の平均年収は、独立開業するか、就職するかで違ってきます。独立系のFPでは、まさしく「ピンからキリまで」という表現がぴったりで、年収1000万円以上稼いでいる人もいれば、それだけでは成り立たないくらい収入が低い人もいます。収入ゼロということもありえるでしょう。

ここまで差が開く理由は単純明快で、独立開業すれば、収入源となる仕事は、全て自分で見つけてこないといけないからです。高い信頼を得たFPは、依頼も山のように舞い込んで来て、多くの年収を稼ぐことができますが、顧客が見つけられなければ収入はゼロです。開業したばかりのときは顧客もいませんから、自分で地道に開拓していかなければいけません。当然、年収も低いです。開業後3年を経過したところで、平均して600万円まで達するケースが多いようです。

会社に転職するなら平均300万円~400万円

会社員として働くなら、金融機関や住宅関連企業に就職する場合が多いです。最近の求人では、300~400万円で募集がかけられていますから、他の求人よりは少し高いかなという感じです。「マネージャークラスになれば、年収700万円も可能」という求人を出している有名保険会社もあります。

金融系企業内FPはキャリアパスに有利

金融系のFPは年収が高い傾向にあり、証券業界なら平均年収660万円、損保業界なら平均年収800万円ほどです。ただし、企業内FPとして働く人は、就職してから資格を取得する場合が多いです。転職の段階から、資格そのものの力で高い年収の求人に通るということは難しいかもしれません。

資格そのものというよりむしろ、経験や実績が評価されます。ですから企業内FPを目指す場合、FPは転職の際のカードというよりも、今ある仕事で年収を上げるためのキャリアパスと考えたほうが良いでしょう。