発想の転換でFP2級の勉強時間を確保

FPの勉強を始めたときは、夜、子供を寝かしつけてから勉強していました。でも、そうすると勉強を始めるのが夜10時以降になってしまい、眠くて勉強に身がはいりませんでした。

そこで発想の逆転をしました。に勉強時間を切り替えて、5時~6時半の1時間半、勉強しました。食事の支度をする前にFPの勉強をするようにしたら、上手く進められるようになりました。

仕事の休みは水曜日と土曜日です。でも、土曜日は子供がいるので勉強どころではありません。水曜日だけ図書館に行って勉強しました。まとまった時間がとれるのは朝の1時間半と、水曜日の1日だけ。

それ以外は、仕事の合間にスキマ時間を使って、単語カードや確認テストをしたり、通勤中に講義CD(講義DVDをCDに吹き込んだもの)を聞いていました。

仕事中のスキマ時間も確認テストや単語カードでFPの勉強

住宅展示場に勤めているので、どうしてもお客さまの都合優先となり、仕事中は休みの時間があまりとれません。だから逆に、少しでも時間が空いたときには5分でも10分でも、確認テストや単語カードで勉強するようにしていました。

過去問を解くときは分かる問題を飛ばして時間短縮

まとまった時間がとりにくかった関係で、過去問を解く時間を確保しづらかったです。

そこで、全部解くのはあきらめて、「つまみ食い」で解くようにしました。以前解いたことがある問題で、理解できたと思えるパターン問題の類似問題が過去問で出たときは、飛ばして進み、時間短縮させました。

その代り、直前対策と模試、再現問題で総復習するときは、しっかり勉強しました。